治療中の仮歯についての解説

ホーム>治療中の仮歯について

治療中の仮歯について

治療中の仮歯について

従来の入れ歯を使用する方法

絵2





手術直後に、今まで装着していた入れ歯を修理して使用します。
※手術直後は、負担かをかけない方がいいため、できましたら入れ歯の装着は2週間後(抜糸後)がよろしいかと思います。











補助インプラントを使用する方法

歯科インプラント埋入時に、プロビジョナル・インプラント(補助インプラント)を歯科インプラントと組み合わせて顎骨に埋入する事ができます。
(暫定的な仮歯を付けて診療所から帰宅できます)

単純な症例から複雑なものまで、プロビジョナル・インプラントは、歯科インプラントおよび歯肉組織の治癒期間中、暫定的な仮歯をサポートします。インプラント埋入時にプロビジョナル・インプラントによって支持される審美性の高い固定した仮歯を装着します。

35,000円/1歯

プロビジョナル・インプラントは、全ての患者様にご利用いただけるわけではありませんので、ご相談ください。
プロビジョナル・インプラントは、歯科インプラントに最終的な義歯を装着する前に除去します。

Designed by NodeThirtyThree QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional