歯周組織精密検査の解説

ホーム>歯周組織精密検査

歯周組織精密検査

歯周組織精密検査

歯周病は口腔内全ての歯が同じ程度で進行しているとはかぎりません。
歯周病の進行度を正確に把握するにはいくつかの検査が必要になります。

ポケット測定

歯周組織精密検査



歯と歯の隙間(歯周ポケット)に、目盛の付いた細い器具を挿入してポケットの深さを測ります。
一歯に対して6点で計測していきます。
1~2mm以下なら正常、歯周病が進行するほどポケットは深くなります。





出血の有無

歯周組織精密検査2



ポケット測定時に出血の有無を確認します。
健康な歯肉は出血がなく、出血する箇所には炎症があります。





動揺度

歯周組織精密検査3

歯の動揺度を調べます。
歯周病が進行すると歯槽骨が溶けて、歯がグラグラしてきます。















Designed by NodeThirtyThree QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional