入れ歯(義歯)の解説

ホーム>入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

義歯とは

歯の欠損した部位に対して、取り外し式の人口の歯を装着する装置のことを言います。

メリット
[check]1本の欠損から全部欠損まで幅広く対応できます。
[check]取り外し式のため、メインテナンスが容易です。
[check]天然歯を大きく削る必要はありません。
[check]外科的処置が行えないような患者さんにも対応できます。
[check]在宅診療でも作製できます。

デメリット
[check]セメント等で固定するものではないため、カタつくことがあります。
[check]健康な歯に比べて、噛む力は30%程度になります。
[check]違和感があり、慣れるまで時間がかかります。
[check]バネで固定するタイプでは、バネがかかる歯に負担がかかります。
[check]バネが前歯部にかかるときは、目立ちます。

義歯作製の流れ
1.診査・診断 矢印8 2.印象採得 矢印8 3.咬合採得 矢印8 4.人工歯排列 矢印8 5.完成 矢印8 6.義歯調整

義歯の種類

総義歯

  • レジン床義歯(保険適応)
  • 金属床義歯

部分義歯

  • レジン床義歯(保険適応)
  • 金属床義歯
  • アタッチメント義歯
  • コーヌス義歯


レジン床義歯

入れ歯(義歯)
レジン床義歯(総義歯)

入れ歯(義歯)2
レジン床義歯(部分義歯)

レジン床義歯の特徴

  • 健康保険の適応です。
  • レジンの変色、劣化があります。
  • 部分床義歯では、金属クラスプ(ばね)を使用します。

金属床義歯

入れ歯(義歯)3
金属床義歯

入れ歯(義歯)4
金属床義歯

金属床義歯のメリット
[check]レジンに比べて強度的に優れている。そのため床を薄くでき、装着感がよい。
[check]適合が良いため、口腔内でカタつきが少ない。
[check]汚れが付着しづらく、清掃が容易。
[check]味覚を損なわない。

アタッチメント義歯

入れ歯(義歯)5 入れ歯(義歯)6

入れ歯(義歯)7

アタッチメント義歯のメリット
[check]クラスプを使わないため、審美性に優れています
[check]隣在歯とアタッチメントで固定されるため、簡単には外れません。
[check]カタつきがありません。

コーヌス義歯

入れ歯(義歯)8 入れ歯(義歯)9 入れ歯(義歯)10

コーヌス義歯とは・・・
支台歯に内冠をセットし、それと精密に適合する外冠を義歯内部に作ったものをコーヌス義歯といいます。 口腔内に装着した時に、ご自身の歯と義歯が一体化した補綴装置となり、優れた機能を発揮します。

コーヌス義歯のメリット
[check]残存歯と一体化するため,外れにくくとても噛みやすい。
[check]クラスプ(ばね)を使わないため、審美性が良い。
[check]内冠がシンプルな構造のため、清掃性が良い。
[check]支台歯が抜歯になっても、修理が比較的簡単である。

入れ歯(義歯)11
内冠と義歯です

入れ歯(義歯)13
義歯をセットした状態です

入れ歯(義歯)12
内冠をセットした状態です

入れ歯(義歯)14
義歯を入れていることがわかりますか?
(上顎)


Designed by NodeThirtyThree QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional